top-img

私たちが普段何気なく使っている水道水から、変なニオイがした、おいしくない、といった声を聞くとイヤですよね!
当サイトでは、浄水器に関する基本情報や口コミ、選び方についてまとめました。浄水器を活用して、ライフスタイルに役立てましょう!

タイトルバー

浄水器比較

コストで選ぶポイントは?

コストで比較

各メーカーにどのような違いがあるのでしょうか?
タイプで選ぶポイントは?

タイプで比較

それぞれの特徴を比べてみましょう。
メンテナンスで選ぶポイントは?

メンテナンスで比較

各メーカーのメンテナンスサービスを比べてみましょう。

メンテナンスで比較

メンテナンスで選ぶポイントは?

浄水器は消耗品です。フィルターの使用限度を超えて使用してしまっては浄化能力は得られません。
また、フィルター交換というのは気をつけていても、つい忘れてしまったりするものです。
ですからメンテナンスのサービスがしっかりしている所は安定しておいしい水が飲めると言えます。

タイトルバー

Best 1ダイオーズ

ピュレスト

 

半年後、1年後、2年後・・・

フィルター交換が3年間でたった3回、しかも送ってこられたタイミングで取り替えればOK 交換方法もとっても簡単です。その他のメンテナンス料金も月額に含まれているので万が一のときも安心です。

タイトルバー

Best 2リースキン

アンダーシンク式浄水器KTJ99

 

半年毎フィルター交換は半年毎の年二回。

しかもこれは使用量によって変わるため、一般家庭では1年に1度位の頻度での交換で十分です。
メンテナンスも料金に含まれているので安心です。

タイトルバー

Best 3クリンスイ

レンタル浄水器

 

年3回のカートリッジ交換+α三ヶ月毎にフィルターが届き、カートリッジを交換します。更に1年ごとに新品に交換してもらえるからいつまでも新しいものが使えます。
取り付けは簡単ですが、本体交換も自分でやらなければいけないのが厳しく言えば難点でしょうか。

タイプで比較

タイプで選ぶポイントは?

浄水器のタイプによって、浄水能力やろ過速度が全くちがいます。
それぞれの特徴を比べてみて、どれが最も自分に合っているかを比べると、
違和感無く使うことができるでしょう。

タイトルバー

Best 1ダイオーズ

ピュレスト 床置きタイプ

 

A3サイズの用紙分のスペースがあれば、最大で一気に11.5Lの使用が可能。使用しながらも順じ浄水していくので浄水が使えなくなることはまずありえません。
また、冷水・お湯・常温の3種類を使い分けられるのも魅力的な機能です。

タイトルバー

Best 2クールクー

クールクー ROろ過サーバー

 

クールクーのROろ過は、牛乳を真水に変えてしまうほど!赤ちゃんやペットにも安心して飲ませられる、家族みんなに嬉しいろ過機能です。病気の危険を寄せ付けない、重要なポイントですね。

タイトルバー

Best 3クリンスイ

レンタル浄水器 蛇口取り付け型

 

蛇口タイプなので場所はとりませんが、ろ過速度が1分間に1.6L、しかも理想的な使用量は1日10Lなので、どちらかと言えば独身者向けの浄水量と言えます。

コストで比較

コストで選ぶポイントは?

コストで選ぶ場合は浄水器の浄水能力をまずは比較しましょう。
更には一ヶ月にどれだけの水を浄水する能力があるのか?ということも考えなければいけません。
では具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

タイトルバー

Best 1ダイオーズ

ピュレスト 

 

月額4,410円

金額的には月額がもっとも高くなるが、当サイトランキングの中で唯一のROフィルターで、水道水の中の取り除きたい成分を全部取り除いてくれるところは安心できます。
料金が一番高いと言っても1日に換算すると150円以下。
ペットボトル1本分で安全な水が使い放題になるのは他に無い魅力です。

タイトルバー

Best 2ウォータースタンド(旧ジャスト)

ウォータースタンド

 

月額3,480円

軟水のような美味しさでその時に適した温度に調節可能な浄水器。さらには自動節電機能までついており、「美味しい」・「便利」・「コスパ」のニーズが揃ったウォータースタンド。これで1日100円そこそこの金額には文句のつけようがありません。

タイトルバー

Best 3クリンスイ

レンタル浄水器

 

月額1,000円

月額も1,000円と値段も安いのですが、1日の使用量が10L使用というモデルですので飲み水、料理の使用だけに限定される場合にはいいかと思います。

先頭へ戻る